採用面接のポイント 転職エージェント比較 人気ランキング・口コミ、面接・履歴書・経歴書の書き方 初めての転職未経験者のコツ

転職エージェント比較

採用面接で失敗しない方法!

                                                 
転職・就職時の採用面接でのポイント、コツ


転職エージェントで登録し、そこから企業の紹介があった場合は、面接の日時などのアレンジは、すべて転職エージェントを通して行われることになります。

また、転職エージェントからの紹介案件は、基本的には最後までエージェントを通してのやり取りとなります。

さて、面接時に気をつけたい点は、ご自身をしっかりと売り込むことです。つまり、アピールしたいポイントを伝えることです

そして、アピールするポイントを、下記の視点から捉えて、PRすることが採用面接での成功に繋がることになります。

「ご自身の経歴がいかに求人企業で役に立つか」
「その会社に入ったらどのような貢献ができるか」

面接は、自分自身をしっかりPRするのが最重要ポイントです。そのため、自分のセールスポイントを何点かすぐに言えるようにしておくことも大切です。

もちろん、できもしないことを、「できる」といってみるなどの、明らかな粉飾は決してやってはいけないことですから気をつけましょう。

もしできそうもないことであれば、「挑戦してみる」とか「勉強して行ってみたい」など、前向きな言葉を使って表現するほうが良いでしょう。

転職エージェントを利用した場合、面談終了後、エージェントのコンサルタントから連絡があります。

「先方の企業をどう思ったか」

「どんなことを聞かれたか」

「ミーティングはどのぐらいの時間だったか」

貴方がその企業を気に入り、次のステップに進みたいといえば、コンサルタントは企業へその旨を伝え、先方企業も貴方を気に入ればさらに次のステップへ進むことになります。

一般的な面接プロセスは、「人事担当者」「直属の上司」「部門長」などとの面接などがあり、最終的に採用が決定するまで2〜4回の面接が行われます。


転職エージェントのランキング経歴書の上手な書き方



転職エージェントランキング
転職エージェントとは
まず知っておきたい転職の流れ
初めての転職の仕方
うまくいくための面接のポイント
転職に有利な資格
女性の転職
皆が知ってる転職エージェント
転職サイト
転職サイトへ登録する数
転職理由
志望動機の作成のポイント
履歴書・経歴書の書き方
上手な自己PRの方法
 転職エージェント比較のサイトマップ
トップ / 転職とは / 転職エージェントランキング / 履歴書・経歴書の書き方 / 面接のポイント / サイトについて / サイトマップ